発光ライブショー

ほたるいかミュージアムでは、ほたるいかや深海の生物の神秘を間近で体感できる発光ショーを、
館内「ライブシアター」にて開催しております。

H29年3月18日(土)〜5月下旬
『活きたホタルイカの発光ショー』開催中です!

ご来館をお待ちしています!
◆期間 H29年3月18日〜H29年5月下旬
◆入館料 大人800円/小人400円

H29年は3月18日~5月31日 6月1日~翌年3月19日
活きたほたるいかの発光ショー LEDライトによるほたるいか発光イメージ/発光性プランクトン「龍宮ホタル」の発光ショー
時間 毎時20分/50分(約15分間)※←左の開始時間は目安です。団体様の予約状況などにより変更する場合がございますので、インフォメーションでお尋ねください。
  • 最終の発光ショーは16:30です。
場所 ライブシアター
  • 活きたほたるいかが見られる時期(H29年は3月18日~5月下旬)とそれ以外の時期(6月1日~翌年3月19日)では、それぞれプログラムの内容が異なります。

ほたるいかの発光ショー  H29年3月18日〜5月下旬の期間

2016newlivetheater

春のこの時期しか見られない、大人気のプログラムがこのほたるいかの発光ショーです。
ほたるいか漁や海上観光の様子を紹介したVTRを上映後、生態をご説明します。
最後に数名のお客様に網引きをしていただき、特殊水槽の網を揺らしてほたるいかに刺激を与え発光の様子を間近で見学します。

ほたるいかとは

LEDライトによるほたるいか発光イメージ/発光性プランクトン「龍宮ホタル」の発光ショー  6月1日〜翌年3月19日の期間

ほたるいかのいないシーズンは、ほたるいかの発光をイメージしたLEDライトをお楽しみください。
また、龍宮ホタル(深海性発光プランクトン)の発光ショーも実演します。
深海に息づく青白い神秘の光を間近にご覧いただけます。

◇龍宮ホタルとは

深海にすむ発光性のプランクトンで、学名は「コンコエシアッシュドディスコフェラ(conchoeciapseudodiscophora)」と言います。

しかし、日本語ではまだ正式な名前がありませんでしたので、ほたるいかミュージアムでは深い海の龍宮城にすむホタルを連想して「龍宮ホタル」と呼んでいます。

大きさは0.5~2mm。細長い楕円形。甲殻類で貝形虫類に属します。
日本海では300~400mの深海に多く棲息しています。
飼育実験では寿命は30ヶ月。体長はオスで1.2mm、メスで1.6mm。成体メスは周年産卵し、1回の産卵で1~10個の卵を放出します。
口の周りにある上唇腺から発光物質を分泌し、その化学反応で発光します。

深層水取水口にプランクトン用ネットを取り付け、採取しています。

ライブシアターについて

ほたるいかミュージアムのメイン施設、ライブシアターは、発光ショーを行う半円型の水槽とVTRの上映を行うスクリーンがあり、立ち見席を含め100名を収容することができます。
ショー開催時間になりましたら、シアター内にご入場いただきます。上演中は、シアター内が暗くなりますので足元にご注意してご覧ください。

館内フロアマップはこちら
Page Top